施術前のシェーバーの必要が無いのでしたら、そのまま脱毛過程に入っていく

脱毛サロンの個室に入ったら、多くの場合、バスローブに着替えて施術を受けることとなります。
用意されているベッドに横になったら、脱毛処理を実施する前にムダ毛の処理をシェーバーで行います。

 

施術前のシェーバーの必要が無いのでしたら、そのまま脱毛過程に入っていくこととなります。
この段階で何かわからないことがあったら恥ずかしがることなくしっかりと確認をするようにしてください。
身体中のありとあらゆるムダ毛をカミソリ一本で脱毛をしている人がいますが、それは大きな間違えとなります。
お肌というのは非常にデリケートな部分もありますので、目には見えない無数の傷を付けてしまうこともあるのでご注意ください。 脱毛サロンにおきましては肌を保護して、脱毛時の痛みを和らげられる冷たいジェルを脱毛箇所に塗ります。
そしてそれが完了してからいよいよ脱毛の施術に入っていくこととなります。



施術前のシェーバーの必要が無いのでしたら、そのまま脱毛過程に入っていくブログ:210819

減量を頑張ろう!
こう思っても、その減量が自分に合ったものでなかったら、
きっと続かないし、続かなければ成功もしませんよね。

例えば、
野菜が苦手な人が
早く痩せたいからとキャベツ減量をやることにした…
続ける事ができそうだと思いますか?

むしろ、始める前から
気持ちが憂鬱になってしまうんではないでしょうか。

前向きに、気持ちを高めつつ、
楽しめなければ、なかなか成功は難しい減量。

減量には、
人それぞれに合った減量というものが必ずあります。

私も様々な減量を試してきましたが、
「食べながらの減量」
これがいちばん合っている減量でした。

いくら張り切って減量をしていても、
合わない減量であれば、成功率も低くなりますよね。

どれが自分に合っているのか?
これは実際にやってみない事にはわからないかもしれません。

しかし、
たくさんの減量を、一つ一つ試していてもきりがありません。

これは
おれが実際に試してみた中で感じた事なのですが、
手当たり次第、とりあえず実行してみるのではなく、
まず、いくつか減量をピックアップしてみる…

次に、やるにあたり、何処が難しそうか、または続けられそうか…
これだけをまず書き出して見てください。

短所がたくさん書き出された減量は、
恐らくそのうち挫折したり、飽きてしまうはずです。

この方法で、最後まで残った減量は、
自分にとってあまりマイナス点がなかった減量だと思います。

この、自分にとってマイナス点が少ない減量を見つける。
これが続ける為に大事な事の一つだと、おれは考えています。


ホーム サイトマップ